8割独り言な日記

メイプルやってるけど最近してない。欅最近過疎いよね、 小説やら半年くらいかいてない絵やらやってます。小説は三日坊主にならないようにね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まあ俺の移動方法は車とか電車だけど

夏休みに入りましたね。
この前もいったような気がします。
一ヵ月と少しにも及ぶ長い長い暇な時間をどう消費するか考えています。
それに一ヵ月と少しかかりそうです。
嘘です。
もう決まりました。
いくらかは。
七月中に行動を起こしたいです。
そういうことで
私はいつまでもぼっちであるがゆえに
趣味でしか時間をつぶせないので
新規趣味開拓同好会会員一人を作りました
ついでに会長と書記が私です
他も私です。
入りたい人と常時募集しています。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/28(木) 00:14:12|
  2. 現実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歩け、それが貴様の移動方法じゃ

夏休みですね。
私の通っている高校は珍しく夏休みが八十二日あります。
ほぼ三か月です。諭吉は、実は俺が電話する前に自分で自首しにいったらしく、本人に53箱分の諭吉が渡されていました。ひどいです。なんで私の元に諭吉が来ないかと心配していたところにその知らせ。まったく、あいつは人のことを何と思っているのでしょうか。
というわけで、その53箱分のお金を使い、諭吉と旅に出ることにしました。
今二日目で、岡山の山の中に居ます。
この記事は携帯から書いています。
充電があまりないです。
諭吉53箱分は旅館においてきましたし、今はテントしか自分の身を守る術がありません。
諭吉は今木に登り、なんやらしています。スマブラをしているようです。木が強いらしいです。
雨がひどいです。
どうしたらいいんでしょうか・
明日まで耐えれば、耐えれば、なんとかな

旅館です。
昨日、充電が切れてしまいまして、無事旅館に帰ってきてからノートパソコンで、自動保存されていた記事の途中から、というわけですね。
どうやって帰ってきたかというと、スマブラはどうやらリアル乱闘だったらしく、偶然木がテントの上に重なり雨から身を守ったわけです。
まあそれをしている間に、折り畳み傘を使い旅館に俺は帰っていましたけど。
というわけで、今は列車の中です。
岡山から静岡に向かっています。
諭吉から切符を盗んだので、奴は走っています。
速い速い。愉快愉快。
そういえば、静岡の旅館ではミカンが出るそうですね、楽しみです。

  1. 2011/07/24(日) 00:12:23|
  2. 現実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蝉が鳴く季節となりました

蝉が鳴く季節となりました。

夏です。

サマーです。
ヤバイ。
そういえば、今は夏なんですけど
私の地元には一箇所、具体的には方形2mの範囲で頭おかしいくらい寒い場所があるんですね。外に
噂によればそこから北極につながってるとかなんとか。
前いってみました。
諭吉53箱分(次から諭吉)も来ました。
そこに近づいた瞬間諭吉が消えました。
後ろから殴りかかられました。
とっさのところで気づいた私は、マトリックスを2回みて覚えた術をつかい、背中をそりました。
しかし後ろから殴られていたので、私は諭吉とにらめっこするはめになりました。
不利なのは私です。背中が悲鳴を上げています。
私は65535㎞/hの力を使い、諭吉と正面を向きました。
奴は狂気に踊った顔をしています。
具体的には瞳孔が開いていました。
とりあえず65535㎞/hの力で殴りました。諭吉は消えました。
もっと厳密にいうと、殴られ後ろに吹き飛び地球を三周半した後に自力でもう半分を飛び帰ってきました。
うーっす久しぶりとかいわれました。
詳しくきいてみると、奴は三周半するのを、自分体験時間で2年だったそうです。
なんとなくひげとか生えてる感じがします。
そこで改めて、方形2mのめっさ寒いところに近づきました。
諭吉は凍りました。
なんということでしょう。
蝉を放りなげました。近くに居たので。
諭吉に当たった瞬間、蝉が凍り、諭吉が吹っ飛びました。
近くにあるトラックにぶつかり、気を失っていたのでとりあえず無視しました。
目の前には氷蝉が一匹。
私は帰りました。今日はレタスが晩御飯にでました。おいしかったです。
  1. 2011/07/14(木) 23:27:50|
  2. 現実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。